粉体塗料トラブルシューティング

16 ホース、ポンプ類のトラブル
状況 衝撃溶融による詰まり。

原因   対策
日常のメンテナンスが行われていないことによる通常の蓄積のため。  部品の洗浄または交換をする。メンテナンスのための標準手順を策定する。
エアーの圧力が高すぎるため。  スプレーガンと移送ポンプのエアー圧力設定を下げる。
圧縮空気の湿気のため。  供給される圧縮空気に汚れがなく、乾燥している事を確認する。
(ドライヤー、ラインフィルターの確認)
粉体粒度が小さすぎるため。  新粉と回収粉の割合を調整する。

衝撃溶融による詰まり
衝撃溶融による詰まり
  ホッパーから塗料が噴き出る
ホッパーから
塗料が噴き出る


状況 スプレーガンへのパウダー供給不足・スプレーパターン不良
原因   対策
粉体の供給ルートに障害物があるため。  ピックアップチューブとポンプの確認と洗浄をする。
古いスクリーンについて、破れがないかどうか、正しく作用しているかどうか確認する。
供給される粉体塗料に異物が混入していないかどうかを確認する。
ホースがねじれているか、つぶれているため。  変形したホースは交換し、ホースを強く曲げない。
ポンプのベンチュリが摩耗しているため。  摩耗した部品の交換をする。
メンテナンスのための標準手順を策定する。
エアーの圧力が低いため。  粉体の供給ルートに障害物がないかどうか確認する。
ポンプに供給されるエアーの設定を調整する。

衝撃溶融による詰まり
・スプレーガンへの
パウダー供給不足
・スプレーパターン不良
  ホッパーから塗料が噴き出る
エアーが粉体表面
に浸透していない


粉体塗料トラブルシューティング