粉体塗料トラブルシューティング

14 塗膜性能の低下
状況 粉体塗料の塗膜が本来の性能を満たしていない。
(鉛筆硬度や耐薬品性に対して)

原因   対策
焼き付け乾燥工程で温度が高すぎるもしくは、低すぎるため。
時間が長すぎるもしくは、短すぎる。
 塗料メーカーが推奨する焼き付け乾燥時間と温度を順守する。
前処理工程での不具合のため。  前処理を適正に行う。
用途に合わせた粉体塗料を使用してないため。  用途に合わせた粉体塗料を使用する。
前処理剤と粉体塗料の相性が悪いため。  前処理メーカーと塗料メーカーに相談する。

ゆず肌過多
鉛筆硬度不足
  鉛筆硬度不足
鉛筆硬度不足


粉体塗料トラブルシューティング