粉体塗料トラブルシューティング

10 塗膜のくもり(艶引け)
状況 塗膜の艶が箇所によって異なるもしくは、全体的に異なる現象。

原因   対策
焼き付け条件の不備のため(オーバーベーク、ガスチェッキングなど)。  焼き付け条件の再検討をする。
焼き付け炉内の雰囲気ガスの清浄化を行う。
膜厚の違いが極端に大きいため(特に艶消し粉体塗料)。  メーカー推奨の膜厚を確保する。
被塗物のアースが不均一なため。  アースを確認する。
被塗物の帯電が不均一なため。  塗装設備(粉体塗装ガン、静電コントローラー等)の点検をする。
回収タンク内での新粉と旧粉(回収粉)のバランスが不均一なため。  新粉と旧粉(回収粉)の割合をメーカー推奨値にしたがって遵守する。
被塗物の板厚が一定でないため。厚い箇所と薄い箇所が混在しているため。  焼き付け乾燥炉の温度を調整する。


粉体塗料トラブルシューティング