粉体塗料トラブルシューティング

5 垂れ
状況 被塗物に粉体塗料が付着しすぎて垂れる現象。
原因   対策
塗装時の厚塗り(過剰膜厚)のため。  塗装方法の再検討(塗装時間、吐出量、作業方法等)をする。
塗る前の被塗物の温度が高すぎて膜厚が厚くなってしまったため(水切り乾燥炉~塗装ブースまでのインターバルが短いため)。

水切り乾燥炉と塗装ブース間の冷却時間を延ばす。
被塗物は40℃以下が望ましい。

粉体塗料が全体に端によってしまったため。

電圧を上げる。
アースを確認する。


垂れ
垂れ


粉体塗料トラブルシューティング